fc2ブログ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2024/05/19 (Sun) 22:11
nゲージストラクチャー オータムモデルの建物

以前紹介した、アマゾンで買えるNゲージ建物キットです。
ここ商品、値段は安いのですが、1個づつに送料が掛かりますので注意。
2個目からは送料が安くなります。1個、2個買うより、ガツンと5個ほど買うと良いでしょう。
その内、自宅に怪しい中華郵便が届きます。
そんな商品、少し箱組しました。

まずは着色済みの物から
オータムモデル1

オータムモデル2

前回紹介した物
オータムモデル3

無塗装品
オータムモデル6

オータムモデル7

塗装品も無塗装品もガラスはありませんので、各自で用意する必要があります。
今回、完全に箱にはしていません。どこか1面が外せる状態にしてありますので、後で塗装、ガラス付けを行います。
この他に2個ほど、まだ残っています。
ただ、1個だけスケールが合わない。間違えた?
全部Nスケールで注文したのだが、1/87に思えます。
肝心なモデルの方は、良くも悪くもありません。
沢山数が欲しい方、変化を付けたい方には良いアイテム。
1個当たり1000円以下か2000円程度。1個送料650円。追加分には350円程の送料加算だったと思います。
それでも安いので、数多くほしい~。て、方には良いかと思いますよ。



スポンサーサイト



2024/05/05 (Sun) 08:56
D52

マイクロエースの新中華接着グリス(高粘度の糊!通称、中華接着グリスに決定)を除去し、ベルハンマーグリスに置き換えたD52の走行動画となります。
本当は、ワールド工芸のD52に動力を奪われる予定でしたが、ワールド工芸のキットに部品欠品が発覚。
残りの2キットは組んではいるものの、何か説明書が適当過ぎて、途中で嫌になり放置中です。
この説明書図で、よくKATO製のD52を完成できたものだな・・・。昔の俺スゲー。
結局、マイクロのD52 でも良いのでは?ワールド工芸の物に載せ替えたとして、マイクロのボディーを弄れば見栄えが良くなるので、加工が楽なプラ製品が良い。
真鍮キットは、手が真鍮臭いし、ハンダ作業がめんどくさい。張り合わせ、曲げ作業に接合後のハンダ除去、完成後の塗装を考えると、工作する手間暇、工具への投資費用で、プラ製品やダイキャスト完成品の方が安くて確実です。
3Dプリンターがある時代なので、ハンダで形に組み上げるのは、もう時代遅れの工作なのかもしれません。
既に3DプリンターでN蒸気機関車様がボディーを製作されています。
こうした実情を見ると、ハンダ付け工作が衰退していくわけだ。と、納得してしまうのでした・・・。

2024/05/03 (Fri) 12:52
うちの子 無料配布中

アバターのはつかりちゃんと、しろかりちゃん。
ブロイドハブで無料配布いたしました。
はつかり、しろかり無料配布

その他
ユーベルぽいのも配布中。
ユーべりタイプ1

はつかり、もしくは、しろかりダウンロードでユーベルタイプにも制服着用が可能です。
ユーベル タイプ2
まずは、無料のこちらからスタート
ブロイドスタジオ

ブロイドハブ ダウンロードページ
Vroid hub

2024/05/01 (Wed) 09:49
D52予告編動画

ヘッポコ動画「の予告編です。

動画編集途中で放置してRC BT-01組んでます。
このラジコン、FF、FR、MRが一台のシャーシーで組める優れもの。
ただ、基本設計図がMR用なので、FRで組もうとすると別の説明書を見ながら、基本設計図を見なくてはいけない。
ややこしいのとOPパーツ到着待ちで飛び飛びで組んでいたら、あれ~?
やっちまったい!です。
久々にラジコン組んでいますが、何時のもにやら主要ベラリングが1050になっていた。
金属パーツもプラと融合したハイブリッドパーツばかりで驚くのでした。
価格もビックリ!TT-01の箱に12800円も価格が・・・。
1万切る値段で買えたのに、BTは17,600円で購入。安いとこ探してもこれくらいですね。
RCも高くなりましたね。
BT組んでいると、こんなプラの塊が17,600円は高すぎると思うのでした。
金属パーツが多いと、多分納得すると思う。
プラ=耐久力不足と、感じってしまう昭和の子でした。

2024/05/01 (Wed) 09:26
最近の動画

中華グリス=マイクロエースとなりますよね。
この中華グリス、仕様変更されておりました。
凄いぞこのグリス!
まあー、悪い意味で・・・。


サムネ
エンドロール サムネ

DD51-1

サムネ
サムネDD51-1

C61はつかり

サムネ
サムネC61はつかり

E10

サムネ
サムネE10

DD13

サムネ
サムネDD13

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ