2017/03/25 (Sat) 11:15
マイクロエース1/250戦艦大和RC作ります。

以前、堂友社1/250戦艦大和を何十年かぶりに入手した記事を書きました。
堂友社の大和は、日本模型?の金型を譲り受け生産されたらしいのですが、正直言うと恰好が悪いのです。
ハルは、箱フグの様な角張った曲線で、スクリューが下に飛び出し、全体のイメージが山で言うとエベレスト。
堂友社以前の時代であったら、オオタキと争う商品だったと思いますが、自分が選ぶとしたらオオタキでしょう。
て、言うことで、オオタキの金型でアリイが生産している、戦艦大和をお安く入手しました。
しかし、この大和は、ふるでぃすぷれい~。(ドラ○風に言ってね。)
走りません。ので、航行するに必要なパーツが必要です。
4連駆動ギアは、どこを探しても入手できず、スクリュー間隔が長いので、自作する羽目になります。
4連駆動ギアは、ギャーギャーうるさいし、摩耗が心配で作るのが面倒。
ならば、1軸1ボイラー!の発想で、1軸1モーターにしてしまいます。
ジャン!
IMG_4547.jpg
モーター座を作製中。
座部分が出来ましたが、高さ調整用のカラーをこれから自作します。
モーターは、ぶら下がり仕様にするので、船底側を上に向けます。
モーター本体は、海外メーカー品を購入。
ノイズキラーコンデンサをおまけで付けてくれたのですが、果たしてノイズを消せるか少し不安。
気になるスクリューは、もちろんRC専用品をチョイスしています。
IMG_4546.jpg
ドイツのメーカー品でΦ25mm、軸受け2mm、正転2枚、逆転2枚となります。
シャフトも序に購入。1本750円以上は高いなあー。
シャフトは、ステンなのでネジ山側を切るのに苦労しました。
スタンチューブは自作です。
スクリュー固定は、改良でダブルナット式にしています。
IMG_4544.jpg
スクリュー支柱を取付けるのに一苦労。
スタンチューブの角度が合わず、ハル側を削り取付。
※仮付の状態です。
キールと浸水対策?
IMG_4542.jpg
キールとまではいきませんが、これだけ大型のプラスチックだと、ハルの変形は当たり前。
ハルの変形修正と防止で、バルサを削って梁にしています。
バルサだと加工が楽ですね。
花粉の時期に、更に花粉を増量させることになりますが・・・。
ハルはこんな感じ
IMG_4545.jpg
商品は、マイクロ(アリイ)1/250戦艦大和。
商品のインプレッションは、まあーこんなもんでしょう程度。
形は、かなり良いと思います。
問題は、甲板が薄いので補強が必要そうなのと、一部パーツ(機銃)のモールドが出ていない。
機銃先端がNGですが、切断位置を誤魔化すか、自作パーツを付ければ対応できそうです。
パーツ入手先 AYADO 
海外パーツを扱っています。
BIGトラックRC 日野 プロフィアも扱っています。
欲しいけど高くて買えません。


おまけ
完成したタミヤ武蔵は、未だに航行させずにコレクション棚に飾られております。
嫁の一言。
戦艦、たけぞう?
はい?
じゃあこれは、陸奥?
りくおく!
えっ?
五十鈴て書いて?
ごじゅうすず!
いすづです。
扶桑の意味は?
三菱!
正解は、日本だよ。
まあー、艦船に詳しくないと、分からん読み仮名ですよね。
たけぞうで爆笑!
武蔵野市しらんのか!






スポンサーサイト

2017/03/20 (Mon) 21:04
EF65-1000JR貨物2次更新色

IMG_4537.jpg
アクシデントで急遽ボディーを入替し、整備が完了しました。
何気にネットで購入した機関車ですが、かっこええー。
在庫が消えた頃に新品をお安く購入し、たまたま塗り替え用に余剰ボディーがあったので助かった一品ろなりました。
今回は、特に手を入れた分けではなく、ジャンパー色入れと金属ナンバーの取り付けのみ。
カプラー横のジャンパーは、トミックスの物にしてあるので、走行時に外す必要なし。
IMG_4538.jpg
この角度なら確認できると思います。
短いでしょ。
これならカプラーの首振りに支障は無いでしょうね。
RがきついとNGですが、そんな急カーブレール持っていないのでOKです。
正面から
IMG_4539.jpg
こりゃ~64-1000と間違えますな。

おまけ
カトー65パーツ取り付けについて
意外と取り付けパーツが多いので、経験が無い方や手持ち工具が適当な物しかない方は、整備に悪戦苦闘することでしょう。
車体重量がありますので、そのままの状態で取り付けするのはお勧めしません。
ボディーは4カ所の詰めで動力に固定されているので、爪楊枝を4カ所に差し込んで、ボディーを持ち上げるとすんなり外れます。
正面ガラスの支柱の取り付けは、支柱部分の差し込み部分の上下の角を、デザインナイフで落としておくと、嵌め込みやすくなります。嵌め込み時、爪楊枝の持ち手側先端をデザインナイフでV時に切り込みを入れ、それを当てがって押し込むと良いです。
手摺り等の差し込みは、反発が強め目のピンセットで、先端部分が横から見た際に薄い物がベスト。チップLEDを挟める様な物が良いと個人的に思います。挟み込んだ際に、ピンセット全体がたわむ様な物は、使いにくいです。力が分散して、押し込む時に使いにくい。
台車のパーツ取付
基本的に、動力に装着した状態で取り付けできますが、何せ大きさと重量で扱いにくいので、台車を取り外した方が楽です。
台車のヲームギアカバーの片側を、マイナスドライバーやピンセット等で浮かせて外せば簡単に外れます。基板に付いている配線は、基板の押さえを持ち上げれば外れます。そのまま引き抜いても配線は外れます。
配管の切り出しですが、ランナー部分が配管支柱部分となり、配管ぎりぎりで切ってしまうとNGです。
台車から配管が少し浮くので、支柱部分が無いといけません。少し注意が必要。
ジャンパー線について
説明書の通りだと、走行時にカプラー横のジャンパーを外さなくてはなりません。
付属品はすべて同形状でホースの向きと有無の違いだけです。ホース無しを付けても、カプラー首振りに支障が出ますから、ジャンパー線の加工や他社製品の物と付け替えがベスト。
ジャンパーを取付けても、直ぐに向きが変わってしまったりしますので、プラウ、排障器を外して、裏から接着してしまうのが良い。
私は、瞬間で接着してしまいました。※スカート未塗装です。
と、まあーこんな感じでパーツ付けが必要です。
正直、ニッパーはタミヤの2000円の物、ピンセットは2~3本違うタイプを用意し、デザインナイフを使用してこまめに刃を取り換えるようにしないと、作業がしずらく、破損、紛失につながります。
初心者の方は、6月頃に1000番代特急色が再版されますので、その前に工具の整備を!!

で、追加のおまけ
IMG_4541.jpg
何じゃこりゃ?
これ、つぶれたピンセットを加工して作りました。
先端が細いピンセットだったのですが、寿命で先端が折れたので切り詰めて、挟んだ状態で0.5mmの穴開け加工。
と、言うことは、手摺りパーツの取り付けに大活躍するのです。
どっかにピン!てことも無く、押し込みで手摺りがぐにゃることも無く、快適作業。
良い物できました。
これ、売れそう・・・。

2017/03/20 (Mon) 00:41
最後の最後で

はい!終了~。
IMG_4532.jpg
65君がバラバラになりました。
原因は!
IMG_4528.jpg
謎の塗装剥がれです。
最後の詰めでナンバー貼り付け時に発覚しました。
最初は、ゴミが付いてるな。と思い、両面テープで除去すると!
ベリベリとまあー、綺麗に塗装が剥げますた・・・。
他のところも、ペタペタやってみると、べりべりと剥がれます。
何で?何で?
原因不明。
思い当たるとしたら、作業台の角に置いてあった、小皿に入れられた少量のエナメル溶剤。
こいつが悪さをしたのか?
まったくもって原因が分かりません。
昨日までは、綺麗な状態だったのに!
仕方が無いので、元々付いていたボディーでやり直しします。
IMG_4531.jpg
作業していたボディーは、塗り替え様にASSY購入した物で、余剰品だったのが救いです。
没ボディーは、当初の目的通りに塗り替え行きになってしまいました。
一つ問題なのがナンバー部分を削ってしまったので、特定機にするにはプレートの問題が!
最後に
主を待つナンバープレート君
出番は、まだかい?
IMG_4529.jpg
出番ないかもね・・・。

2017/03/15 (Wed) 22:54
EF65-1000

買ったままで放置していたKATOの1/80 EF65-1000。
取りあえず、パーツ付けしてます。
IMG_4523.jpg
以前にパーツを付けてから、かなり月日が経ちましたので、取り付けのコツを忘れています。
サッシパーツに悪戦苦闘!
そう言えば!と、コツを思い出した頃には2つ程パーツを痛めておりました。
そこからは、チョイチョイとって感じです。
IMG_4524.jpg
あれ?
何か違和感ありますね。
そうです。赤ナンバー部分が変です。
これは、ナンバー部分をスライスしてあるのです。
金属ナンバーに交換するので、少し薄くしないと、恰好が悪いためです。
写真撮影に失敗したのと、PCが不機嫌なので今日はここまでです。
次回に続く・・・。

2017/03/09 (Thu) 22:50
PSだけかよ!

チョットおかしいだろ。と、思う販売内容。
某社の1/80の売り方です。
PSシリーズと安価シリーズで、ユーザーに優しい売り方だと、以前から好感を持っていた某社の1/80。
某社と書いても一発で分かりますね・・・。
で、人気シリーズの64-1000。
皆が望む特定番機がPSシリーズしかラインナップされていない。
おいおい、そりゃないだろ!
初期ロットは、安価なノーマルで売っていたくせに、今度はPSだけ・・・。
所詮プラベースの製品なので、金属手摺り、金属パンタなんていらんのだ。
拘る人なら自分で交換で十分なのだよ。
そこまでして稼ぎたいのかね・・・。
少しげんなりです。
人気の車種2種がPSのみラインナップのみだと、両方で計8万。
両方お安いシリーズであれば4.8万程度です。
少し、やり口が汚いよ・・・。泣く
IMG_3012.jpg
プラパン塗れば、金属にも劣らない。
全塗装して、金属手摺りを自作もしくは、他メーカーの金属手摺りに取り換えも可能で、PSと同等。
特定番機の再現で+効果。
IMG_2996.jpg
パーティングライン消しと全塗装でグレードアップ。
+ウエザリングでPS抜き。
IMG_2998.jpg
1001は、お安いシリーズを加工して、メーカーにざまあーみろ。感が味わえそう。かな?

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ