2017/03/02 (Thu) 15:51
函館

新幹線で北海道!
函館に着きました!

函館ライナーで函館に!

市電駅目指すも!

見つけちまった!
摩周丸。
結局、ホテルまで歩き…
2017030307162192d.jpeg
夜は、ロープウェイで函館山。
綺麗だーね。
行きはよいよい、帰りは恐い!
19時に登るのがベスト。
下りが激混みです。
飲酒店閉店が20時ですから、夕食前に行くよりも、食後の散歩がてらがベスト。

スポンサーサイト

2016/08/18 (Thu) 21:58
GMコアレスモーター動力ユニット

遂に発売となりました。
グリーンマックス新型動力ユニット!
展示場で目にする走りは正に滑らか!
凄く良い感じでしたね。
では、早速魅力の走りを自宅で体感です。
ん?・・・。
何か期待と違う。
滑らかな走りの様ですが、電気的に弱い感じです。
ポイントの渡りが少し苦手の様です。
走行音も直線とカーブでは違いますね。
全体的に軽い作りなので、サス機能が無いので集電が弱い様です。
動力単体での走りですから、ボディーや床板、台車枠を装着すれば変化が出て来るでしょう。

取りあえず、従来品のボディーを被せてみた
IMG_4058.jpg
動力が細身なので、スカスカします。

台車構造
IMG_4055.jpg
マウントカプラー対応です。
アーノルトのポケットは、台車と別パーツ

台車部分
IMG_4056.jpg
簡単にカプラー座と台車が外れます。
台車自体も簡単に動力ユニットから外れます。

パッケージ
IMG_4057.jpg
こんな感じ

感想と個人的な評価
全体的に線が細い作りです。
各パーツが簡単に外れる作りで、他メーカーと比べると脆さを感じます。
肝心な走りは、近年のカトー動力の方が上。
集電能力、走行音、速度変動等を見る限りでは、鉄コレ動力とあまり差は無いと感じました。
期待外れ感があります。
今回、2個購入したのですが個体差がありました。
1エンド、2エンド方向の走りで、若干差があるようです。
最新モデルですが、個人的に少し頼りない動力装置と言った感じです。
これなら、カトーの旧動力(フライホイール無し)の方が安定感があると、感じました。

2016/08/14 (Sun) 22:42
キハ04・キニ05

小田急9000系の組立中ですが!
途中中断で別車体の組み立て・・・
だって、屋根塗装を一緒にしちゃいたいからさ!
て、言うのは嘘でして、お安く仕入れたGMキットに、キハ04がありました。
しかしこのキットジャンク品でして、動力不調でNG品です。
おまけに初期製品らしく、パッケージは立派な箱の物です。
動力不調は、車輪ギア割れでギアが空回りしてしまい、同種のギアが無く直せませんでした。
そのまま放置すると大変気になってしまうので、鉄コレ動力を急遽購入し、どうにか走れる状態までにしたかったのです。
で、肝心な動力は品切れでしたので、同じ16m級をチョイスした結果、車輪間隔が14mmとなっています。
IMG_4048.jpg

IMG_4051.jpg
裏面リブを切除して、新規にリブを取付ました。
車体が小柄なので、鉄コレ動力幅とピッタリです。

IMG_4052.jpg
取付けたリブは、スペーサーを簡単に作っておくと、一直線に綺麗に取り付けできます。

※後ろに見えるのは、オバQさんのクーラーです。何となく銀の方がかっこいいかな~。て、ことで・・・。
時々、アレンジしちゃったりします。


おまけ
最近「発売されたトミックスEF60-500です。
昨日、買い物ついでに仕入れてきました。
20系牽引に欠かせませんね。
IMG_4053.jpg

IMG_4054.jpg
カトーのリニューアル品があれば、間違いなくカトーをチョイスします。
それと、トミックスからC11が出ますが、後出しでカトーが作ると思うので少し様子見です。
トラムは見送って正解だった。


2016/05/29 (Sun) 20:56
ポイントコード

お座敷運転の難点。

それは、電動ポイントのコード!

DCCにしてしまえばコード不用ですけどね・・・。

まあー、お座敷ですから手動でもいいでしょうが、一々動くのがめんどい。

遠くのポイントだけでも電動化しておきたいので、座敷の上に配線です。

そして!試運転で・・・。

機関車がコードを引っ掛けるのであった。

まあーそのうち自分が引っ掛けて、大惨事になっちゃうのが目に見えてます。

そこで一工夫しておきます。

IMG_3905.jpg

100均アイテム。コードホルダーです。

取り扱い店によっては、小型の物があるので探す価値はあるでしょう。

これ張っちゃうと、元箱にレールを重ねて収納が難しいです。

私は、セットでなく単品買いですから問題なし。 IMG_3910.jpg 配線は、道床をコードの大きさにカットして引込ます。 接続部は、ジョイナー部分が低いため無加工でコードを通せます。 IMG_3906.jpg コードホルダーにコードを引っ掛けて、レールを接続。 コードは引っ張るだけでOK IMG_3907.jpg ポイントスイッチ手前でこんにちわ! これで、コードはレール下を通せました。 どうせなら、メーカーで工夫してくれんかな? それと、架線柱の支持パーツを使えば、コードホルダーいらんかもしれません。 道床の霧吹き部分だけでもあると便利ですよ。

2016/05/06 (Fri) 22:06
梅小路〜

行ってきました!
京都鉄博!
大阪交通博物館と合体して展示車がいい感じです。
大宮との違いは、蒸気が動態であることですかね。
あっちとこっちで楽しめますよ。
ちなみに本日は平日でしたので、混雑なく見て回れました。




後は、行ってのお楽しみてことで!
ちなみに、コンビニで前売り券を買った方が、スムーズに入場できるようです。
昨日だと、チケット購入に2時間掛かったらしいです。模型店で聞きました。

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ