2017/06/20 (Tue) 23:22
何なん?このインレタ?

カトーのタキ43000のインレタ貼っつけています。
で、何なんこのインレタは!
下の台紙に貼り付いておりますね・・・。
デザインナイフですくって、転写側の透明紙に貼り付けて転写したり、そのまま転写位置に置いて、貼り付けています。
インレタが固い素材で全然破けないし、余白部分が大きくて、水デカールみたいです。
水デカールのビニールシールの様な感じで、車体になじみにくい。
車番と常備駅は良い感じで貼れますが、検査表記類が面倒です。
余白を取り除かないと、大きすぎて貼れません。
てか、インレタに余白て何よ!
何なんこれ?今までに無いインレタです。
それでも8両完成!
残り2両で全車完成ですが、忙しくて作業が進みません。
IMG_4655.jpg
カトーの付属インレタは、生産時期によって物が全然異なりますね。
自社生産でなく、発注しているのかもしれませんが、インレタでないようなインレタはやめて!

おまけ
付属品のブレーキシリンダー欠品の件
販売先がメーカーから付属品を取り寄せて送るとのことでしたが!
一向に届きません・・・。
で、結局、他店の買い物ついでにASSYパーツ購入してしまいました。
少し面白そうなので、一体何時届くのか様子見です。
既に2週間は経過しました。
カトーて、昔からこう言うとこ結構ダメなのですよ。
かなり昔にアフターに電話したら、真面に応対できない輩がね・・・。
ちなみ購入先は、某有名店で対応バッチリなところなので、信用はしています。




スポンサーサイト

2017/06/08 (Thu) 23:20
よくあること・・・。

IMG_4654.jpg
カトータキ43000(黒)のランナー付属品。
袋から出してパーツ付けをと・・・。
何か無くねーか?
ハイ!
ブレーキシリンダーがありません。
メーカーもしくは、内職宅に忘れてきたようです。
取りあえず、購入先に連絡したら、ASSYでランナーを送ってくれるとのことでした。
まあー、カトーさんではよくあることなので、仕方が無いことと思っちゃてますよ。
これは序の口。
愛嬌みたいな感じですわ。

2017/06/04 (Sun) 18:44
117+711?

タイトルに追分と付けると、ピンとくる人もいるでしょう。
で!
その通りでございます。
カンタムD51密閉キャブギースルの不良交換が済みました。
本当は、土曜日に作業したかったのですが、何だか異常に眠気が強く、1日寝ている状態でした。
仕事疲れでしょうか?
本当、何もする気になれず、直ぐ眠くなる?
チョット起きていると、眠気が襲ってくるのでした。
それでは!
カンタムD51密閉キャブギースル限定品
光の加減で117のナンバーが黄色く見えているだけで、実際は両機とも同じ色合いです。
付属のナンバーは605、733+おまけで953なので、他社のプレートです。※MON 1009
以前解放キャブ様に購入した残りを使用。
これで、D51ギースル追分機関区所属機が3機になりました。

おまけ作業編
IMG_4646.jpg
ツンツンと、爪楊枝で位置調整
接着剤は、コニシのウルトラ多用途 SU ソフトクリアーを愛用しています。
接着剤が柔らかく、糸引きが少ないのでかなり重宝します。
少し粘度が強くなると、拭り捨てているので、1チューブの半分は捨てているのだろう。
はみ出した場合も半乾きで、接着玉でぺたぺたすれば簡単に取れますが、最近は両面テープでやってます。
100均の厚手の両面は塗装や接着材取りに何時も使うので、作業には必須アイテム状態です。
側面が完成すると、
IMG_4643.jpg
まあー、こんな感じですわ。
説明書の通りに配置したくても、パーツが大きいので説明書の様にはなりません。
ナンバーにバリが残っていない。位置がズレていない。接着剤がはみ出ていない。インレタが欠けていない。これができていればOKでしょう。
これにて整備完了。
IMG_4651.jpg
この後、接着剤の乾燥がてらコレクションケース保管。1日以上置いてから箱に入れますが、当面、コレクションケース展示でにんまりを楽しみます。


愚痴のおまけ
本格的に遊ぶなら
ナンバーを付けて初めて模型が生きる。
魂注入の儀式の様な感じです。
ナンバーも付けずに走らせ続け、売る時に価値が下がるから・・・。
何で買ったのよ!と、言いたいね。
本格的に遊ぶなら、ナンバーは付けましょう。
この子誰?どうせ養子に出しますからいいのです。名前何て!
そりゃないよ。






2017/06/01 (Thu) 23:06
DF200

1/80 DF200が届きました。
IMG_4642.jpg

IMG_4639.jpg

IMG_4641.jpg

凄く長い車体に電車直径の車輪。
機関車と言うより、電車の様な感じです。
実車は、機関車だなあ~。と見た目で感じますが、模型を手にすると、持った感じが電車チック。
少し面白い感覚にとらわれてしまいます。
Nと比べると、車体寸法間違えてない?と、思ってしまいます。
北海道の機関車ですが、最近は余剰車が転属で稲沢配置されていますね。姉妹機だと、ななつ星もそうですな。
冬の北海道で見るDF200は、迫力がありますよ。

2017/05/29 (Mon) 21:45
カンタム整備中止!

D51カンタムギースル密閉キャブ
実は、2機目を購入していました。
日曜日に届いて今日は休日でしたので、夕食後にナンバー付けをしようと思い、到着品の検品をしたところ不良品でした!
不良部分は、カンタムシステム。
どうやら基盤が不良品みたいです。
通常、カンタムシステムが5.5V位で起動して、音や灯火類が操作できるのですが、不良品は3Vでヘッドライトが点灯し、5.5Vでカンタムシステムが起動します。
もちろん、エンジニアでのヘッドライトの操作はできませんし、汽笛等の他の操作でヘッドライトがチカチカします。
完全にカンタムシステムをスルーして、レールの電気がそのままヘッドライトLEDに流れ込んでしまっています。
もしかして、機関車側で漏電している可能性も・・・。
完全に初期不良ですから、速攻で不良の状態をメールして、取り換えの依頼をしました。
多分修理になるような気がしますが・・・。
どうもカンタムは、外観の個体差、素材の不具合による故障、初期不良、構造上の問題が目立つ商品と思います。
蒸気の場合、1発目のD51は良い商品でしたが、後発の商品で位相の問題があったり、C62はギアが割れる、先輪の上下運動量の不足による脱線、傷、塗装不良があるなど、色々と粗が目立つ様になりました。

手持ちのカンタムと問題個所
D51なめくじ東北仕様 異常なし ※初期製品ですからキャブライトは点灯しません。
D51標準白線入り テンダー塗装に埃巻き込み そのまま保有 
D51解放キャブギースル(限定品) 初期不良 位相大にて返品調整済み
D51敦賀式重装備 初期不良 位相大にて返品調整済み ※解放ギースルと同時販売品
D61異常なし
D51密閉キャブギースル 異常なし
D51密閉キャブギースル ヘッドライト不良 ※返品交換依頼中
D51の場合、初回販売品及び2種限定品は金属ギア。以降の製品は樹脂ギア
初回以降値上げ カンタムシステムバージョン変更にてファンクション増 音改良

C62-2初回品 尾灯レンズ脱落自己修理 5年後不動 ギア割れにつき、無償修理済み ※先台車脱線しやすい―改造済み
C62-3初回品 異常なし 同上 無償修理済み ※同上
C62山陽型  異常なし  同上 無償修理済み ※同上
C62はつかり キャブ屋根に傷 テンダー塗装剥げ そのまま保有
C62初回品から樹脂ギアだが、2次製品から材質変更とのこと。メーカーから聞き取り
初回以降値上げ カンタムシステムバージョン変更にてファンクション増 音改良
初回品と重連不可

C61はつかり 仕様なのかチョイ音が小さい テンダーの大きさの都合でスピーカーが小さい?

DD51耐寒 異常なし 製品仕様ガラス類の嵌まり具合が悪い
DD51-745 異常なし 同上
DD51-北斗星 異常なし ※メーカー窓ガラス改良品
DD51-北斗星 異常なし ※メーカー窓ガラス改良品
DD51-お召し 初期不良 金属手摺り製造不良で欠け 購入先在庫なしにてメーカーにて取替対応済み
DD51全て車輪の左右の遊間が大きく、重連時にカーブ出口、入り口で脱線しやすい
初回品以降値上げ カラス改良あり

EF58上越 異常なし
EF58-89 異常なし
特に問題なしだが、初回以降値上げ

EF66 国鉄ブルトレ 異常なし 製品仕様 フロントガラス下部から光漏れ 少しが合いが悪い

全般的にダイキャスト整形は上々ですが、プラ部分が良くありません。
同じ製品構成の海外メーカーメルクリン、フライッシュマンと比べると、プラ部品部分で劣っています。
海外メーカーのプラ部分は、硬質プラに対し、カンタムは軟質プラと感じますね。
整形も少し下手と感じます。
塗装は、カンタムの場合埃巻き込みが目立ちます。製造元の気候や環境の影響かとも思います。
カンタムに対して少し低評価ですが、個人的に許せる範囲ですし、不良の対応が今のところしっかりしているので、文句はありません。ただ、アフターだけしっかりしてもらえればOKです。故障が心配・・・。
IMG_3968.jpg
IMG_3701.jpg
IMG_3665.jpg
IMG_3642.jpg
サウンド機を手にしてしまうと、無音は物足りなくなってしまいます。
カンタムの場合、実機録音ですから、代用サウンドでないところが良いです。
ボチボチC57出さないかな?




  

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ