2016/03/31 (Thu) 21:48
自作ヘッドマーク

修理が完了した安達C62は元通りの47号機となりました。
そして、常磐仕様47号機となれば、「ゆうづる」でしょう!
でも、ヘッドマーク持ってないのだ!
ならば、「はつかり」同様にエクセルで自作!
できました。
ヘッドマーク
なんじゃ?
変なものがありますね。
お遊びでつくっちゃいました。
有名ですよね。
ももさん!
ジョナサン!
のあれです。
国鉄とこらぼしてましたな。
ニセコとやまぐちでしたっけ。
個人的にすごく好きです。
エクセルヘッドマークは、チョイチョイと簡単に作れますので、今度は「カムチャッカ」作っちゃう?
「吠えろ オホーツク」もありかもね。
龍馬・・・。
ここらでやめときます。
ちなみに、「ゆうづる」のローマ字ですが、蒸気時代なので「YUZURU」なのです。
スポンサーサイト

2016/03/29 (Tue) 23:27
安達C62

10年前にブラス初挑戦にて仕上げた安達C62。
制作時にハンダ除去の際、リューターのステンブラシを使用したため、助手側ランボードに傷をつけてしまいました。
マッハのキサゲブラシがあったのですが、リューターブラシ楽ちん~。これ失敗・・・。
以後、そのままの状況。そして、今から3年前?いただき物のジャンクC62の部品を活用して、ランボードを交換。
正直、廃車でもいいかな?といった感じで、強行修理しました。その後は、お決まりのどうでもいい子・・・。
完全修理一歩手前で、ほっとらかしておりました。笑!
何か面倒になってしまい、空き箱があったので封印じゃ!
で、先週箱から蔵出しして、仕上げしている次第でございます。
IMG_3584.jpg
交換したランボード

IMG_3578.jpg
こうして見ると、好い感じ。自己満かよ!

IMG_3581.jpg
全面も、まあ~いいかな?

IMG_3585.jpg
テンダーは、常磐仕様です。

残りは、ライトレンズとナンバー再取付です。
製造メーカーは、汽車会社です。
日立と違うので、手元に置いておきたい一品です。


おまけ
最近の工作。
IMG_3576.jpg
ニャーニャーのキハ40。
全面加工完了。
でも、もう1両あるのだ!
まだまだ完成に時間が掛かりそうです・・・。

2016/03/20 (Sun) 13:59
さよならカシオペア

カシオペアのラストランにより、遂に機関車牽引による客車寝台列車が消滅してしまいました。
惜しいです。かなり惜しいですカシオペア。
前日に乗り込んで翌日には北海道。
のんびり車窓を楽しみながら、列車の旅が味わえたのに!
実に惜しい限りです。
そんな哀愁列車も不定期ながら、渡道できる知らせもあるようです。
もう冬の大地を掛けることはないかもしれませんが、いつまでも乗り続けたい列車でした。

思い出のカシオペア
IMG_0873.jpg

IMG_0875.jpg
強風により仙台にて足止め。後発北斗星と顔合わせ。
この時は、北斗星に乗車してました。
その後列車を諦め、東北新幹線で帰路につきました。

EF81牽引時代
IMG_1215.jpg
初めて乗車した時は、まだEF510の登場前でしたね。

札幌のホテルから
IMG_1871.jpg
札幌駅ホームが見えるホテルの窓からです。
乗客を降ろし引き上げる姿。

IMG_3432.jpg
さようなら カシオペア

渡道歴
往路 トワイライト×2 北斗星×2 飛行機×1
復路 カシオペア×3 北斗星×2
幻   トワイライト×1 カシオペア×1 (トワイライト大雪につき運転休止渡道できす。)


2016/03/15 (Tue) 23:31
ナックル装着編

ナックル1
ナックル2
ナックル3

2016/03/09 (Wed) 23:21
鉄道模型技術の紹介ページを開設

鉄道模型趣味30年以上の集大成!
知ってるつもりでも、意外と知らないことて多いと思います。
私が貸レで感じた事は、皆さん結構カスタムされているのですが、意外と基本部分が出来ていない。
製品をそのまま付けても、加工して付けても、重要な部分を見逃して快走を妨げている。
脱線!自動開放!
そんな悩みをどうにか解消し、快走を目指しましょう。
まあー、個人的なメモなんですけどね・・・。
カテゴリの最初の2文字は、旧ネーム使ってます。
96102は、新ネーム♪
下記詳細は、画像を保存するか、本ブログを200%拡大表示確認できます。
katoカプラー編1
katoカプラー編2
文字も手直ししなければなりませんな。


2016/03/07 (Mon) 23:16
C57やまぐち号

IMG_3509.jpg
北海道の帰りに秋葉で購入してしまいました。
客車が5輌なので、レイアウトの一番短いホームに入線させるに好都合!
と、思いきや!今は、最大7輌+マイテ49で運転しちゃってます・・・。
モデルズ読んでたら、何これ?ネット限定販売増結品!?
TS-205 12系2輌増結が販売されている~。
買うしかないな。で購入・・・・。
結局、本線ホームを占領しちゃいます。
でも、かっこいいからいいいのだ!
IMG_3511.jpg
快調に走ります。
しかし滑らかさは、カトーには勝てませんね。

おまけで、こんなのも入線してます。
IMG_3519.jpg
51系+増結で8輌編成。
ラッシュ時編成ですな。
最近のスナップ台車の製品は、ボディーと床板のはまり具合がしっくりきません。
気の問題ですね。
ねじ式床板の方が、パコンとボディーとしっかりはまる気がしてなりません。


2016/03/03 (Thu) 23:33
アリイEF65顔面工事

プラ板工作中で!
こんな感じになりました。
IMG_3494.jpg
カトーの65と比べても好い感じ。
そして、ここだけの話。
アリイ65ですが、製造ミスがあります。
それは台車枠!
説明書の通りに組むと、車輪中心と台枠がかなりずれる。
台車枠の製造ミスなのです。
昔は、真面だったのにね。
ミスがあるのは、10年前のロットです。
今は、どうなのかな?
見極めは、台枠の側面中心と、上面もしくは底面の中心がズレていること。
中間台車の側面を見て、上面の中心部分が片側に寄っていたら、確実に製造ミス品です。
これは、かなり痛い!
台枠を切断して、底板に接着することになります。
中間台車は、少し面倒です。

おまけ
IMG_3495.jpg
カトーDF50
少し気になるナンバーインレタ。
IMG_3496.jpg
以前の製品では、インレタの転写ができない事象が発生。
インレタが短期間で転写不能になる致命的な欠点がありました。
付属のインレタは、早めに転写しておきます!
一部のインレタで、透明シートのメッキインレタは要注意。
白濁しているシートの物は、10年経っても転写可能なのです。
発売から数カ月でダメになる透明シートのインレタには、かなり泣かされました・・・。

2016/03/01 (Tue) 23:22
続アリイEF65について

ヘンチクリンなお顔の65-1000ですが、意外と簡単に修正できる様な気がしたので、お絵かきしてみました。
アリイEF65-1000絵
加工中の物は、全面ディテールを切り落としてしまいましたが、窓枠の修正だけでも、良い感じになりそうですね。
窓枠上面の繰り下げと、Hゴムを再建。そして、はめ込み窓を作れば、完璧?かもしれません。
何で今になって、アリイブルトレシリーズに魅力を感じてしまうのか!?
謎だーねー。

| ホーム |

 ホーム