2016/05/29 (Sun) 20:56
ポイントコード

お座敷運転の難点。

それは、電動ポイントのコード!

DCCにしてしまえばコード不用ですけどね・・・。

まあー、お座敷ですから手動でもいいでしょうが、一々動くのがめんどい。

遠くのポイントだけでも電動化しておきたいので、座敷の上に配線です。

そして!試運転で・・・。

機関車がコードを引っ掛けるのであった。

まあーそのうち自分が引っ掛けて、大惨事になっちゃうのが目に見えてます。

そこで一工夫しておきます。

IMG_3905.jpg

100均アイテム。コードホルダーです。

取り扱い店によっては、小型の物があるので探す価値はあるでしょう。

これ張っちゃうと、元箱にレールを重ねて収納が難しいです。

私は、セットでなく単品買いですから問題なし。 IMG_3910.jpg 配線は、道床をコードの大きさにカットして引込ます。 接続部は、ジョイナー部分が低いため無加工でコードを通せます。 IMG_3906.jpg コードホルダーにコードを引っ掛けて、レールを接続。 コードは引っ張るだけでOK IMG_3907.jpg ポイントスイッチ手前でこんにちわ! これで、コードはレール下を通せました。 どうせなら、メーカーで工夫してくれんかな? それと、架線柱の支持パーツを使えば、コードホルダーいらんかもしれません。 道床の霧吹き部分だけでもあると便利ですよ。

スポンサーサイト

2016/05/29 (Sun) 10:20
EP550ターンアウト待避線

HOユニトラックのポイントを活用して、少しでも長い待避線を作ろうとしています。
レイアウトボードに固定してしまうならば、すごく簡単に自由自在にできちゃいますが、HOとなると厳しい。
HOとなると、置き場所がないため、レイアウトは作るのは!・・・。
作るにしても、分割簡易ボードでの展開が今の限界です。
もっぱらお座敷運転がメインなので、レールの固定が出来ませんので、レールの加工で対応します。
まずは、外周線のR670に合わせ、EP550とR790を組み合わせR670にします。
本線が決まりましたので、直線部分の都合でR670×3本分で待避線を設けます。
後は、外周りの待避線を決めるべく、R550~R670を選択し、不足する直線レールを加工して作るのですが・・・。
あれ?
IMG_3890.jpg
自由長で接続できちゃいました。
本線はR550+R790+R570  待避線はR550+R550+R670 の組み合わせ
見た感じ2~4mmの誤差みたいです。
これだと線間110mm程度なので、組み合わせを変え、直線を入れることで線間を広げます。
本線Rは同様で、待避線をR550×3本で丁度S123mmが入りました。
IMG_3891.jpg
まあー、お座敷運転なので、自由長を活用して、直線加工レールは今回作る必要なしとしましょう。

ちなみ今更ですが、カトーユニトラックN、HO共に道床とレールの固定は、片側レール鉸めのみなので加工は容易にできます。
ストレートは、道床を切断して引き抜き、必要な長さに加工して戻す。余ったレールを切断すれば出来上がり~。
おまけでNカーブのRを変更し、成立しないレイアウトも組めちゃいます。
IMG_3900.jpg
欲しいRに近い規格のレールをチョイスして、道床を等間隔に幅3/4カットして切り口を三角形にして絞る。
両側ジョイント部分にしたい場合は、一部道床を削除して、長さ調整すればOKです。

実際、レイアウトを組む際、カーブの縦横直線長を計算と実測で割り出して、線引でライン引きして精密に誤差なく組んでいます。
一部ユニバーサルレールを入れて対応するのが、Nの場合は楽です。自宅レイアウトは、最初、自作長レールを入れていたのですが、ベースボードが2分割でしたので、仮工場の和室から自室に搬入する際、ユニバーサルレールに置き換えてしまいました。

2016/05/24 (Tue) 21:51
kadee装着

最近、ユニトラックアンカーレールが発売されました。
以前は、kadeeの磁石を線路に仕込んでおりましたが、これからは買うだけで済みます。
ここで問題なのは、カトーの車両にkedeeカプラーを装着することです。
メーカーでもkedeeの販売をしていますが、正直、適合車種が分かりません!
カトーでは、kadee№148、158、5が日本型として販売しているようです。
簡単に適合する物を考えると、№5はカトカプ用で客車と貨車でしょうね。
№148と158の規格が同じで、復元バネがカプラー側に付いている物用です。
機関車とコキが適合するでしょう。
148と158の違いは、連結器部分の造形が違うだけ。多分・・・。
で、簡単に装着できるのかと言えば!無理~。
ポケットタイプへ№5を付けた場合、カプラー支持軸とカプラー穴の径が合いません。
軸径2mmに軸穴3mm・・・。
支持軸に内径2mmのプラ棒を入れて外径3mmにしてカプラーを装着しますが、カプラー差し込み部分の肉厚が薄いので上下に遊びがあり、下方へ垂れ下がります。仕方がないので、外径5mm内径3mmのプラ棒を加工して、スペーサーを作り、カプラー下に入れて調整です。
結果、何とか装着可能。
復元バネは、カトカプの三角バネをそのまま使用します。
まあー、何とか装着できるのですが、磁石に引き寄せられた時に、カプラーがお辞儀をしてしまいます。
もう少し改良しなくてはなりませぬ。
IMG_3887.jpg
ごめんよー。て、感じですね。

その他、トラムのC12とDD13にも装着してみました。
トラムは、kedeeの指定がありますので、最近の製品はそのまま装着可能みたいです。
C12は、№148をポン付けできました。
IMG_3877.jpg

DD13は、少し悩ましいこととなります。
DD13の場合、№5が指定されていますが、復元バネはカプラーに同封の物を使うこととなります。
№148でいいでないの?と、思いますが、ポケットが大きいので復元バネが効きません。
結局指定の№5を使うこととなります。
ここで問題なのはバネ側の穴が小さいので、少し開口しないとポケットに嵌まりません。
カプラーをそのまま付けた場合、ネジで締めた際にかなり緩くしておかないと、首振りしません。
ここは、カプラーの底面又は上面を削り、薄く仕上げて装着です。
IMG_3882.jpg
何とか装着できました。
ちなみに悩ましいエアータンクですが、2ピース構造なので表側パーツのみ装着~。
裏側はありません。
これならカーブを楽々走行できますよ。
トラムのDD13所有者さんなら伝わると思います。
ここは、16番ですから仕方がないので、割り切りは大事だと思います。

2016/05/14 (Sat) 23:42
エクセルお絵描き画集

ブログの記事におまけ添付でしたので一括掲載。
1.特急がーるず
植野 初雁 (初期)
上野初雁1
植野 初雁 (リニューアル)
植野 初雁2
雨の初雁
雨のはつかり
はくつるちゃん
はくつる
限界書き
グレイフィア







2016/05/14 (Sat) 17:10
ホビーショー・・・。

行ってきました!ホビーショー⤵
特に何もありませんでしたよ。
で!
もうたまりません。
臭いが!
くさい人が多すぎるー!
臭い&不潔人が多すぎます。
今年は、特にダメな気が・・・。
もう、いいや・・・・。

2016/05/14 (Sat) 09:57
ホビーショーとトレインフェスタ

今からブラブラしてきます。
雨でなくて、よかったね。
はつかり

2016/05/11 (Wed) 23:05
ターンテーブルモジュール

土台完成!
IMG_3847.jpg
線路配置を検討しています。
10度の開きだと、機関車同士の小競り合い!
出れねーぞ!
IMG_3848.jpg
15度角でスッキリです。
留置線を欲張りたいのですが、まあー良いでしょう。
IMG_3851.jpg
ターンテーブルの心臓部。
タミヤ工作キットを加工しています。
うまく動くか分かりませぬ・・・。

おまけ
最近、コメントいただいたので、D51カンタムギアを確認してみました。
品番71004 標準型のギア部です。
2枚目のギアは樹脂製ですが、白色ですので経験から硬度の樹脂ギアと思われます。
IMG_3874.jpg
カンタムバージョン2.0なので、先にナメクジと同じ真鍮ギアです。
と、言うことは、バージョン2.0のカスタムギースルと重装備の製品も真鍮ギアでしょう。
少し安心しています。

追加おまけ
エクセルお絵描き。限界に挑戦してみました。
グレイフィア
下図を拾ってなぞり書き。
エクセルでここまで書けるのだ。

2016/05/06 (Fri) 22:06
梅小路〜

行ってきました!
京都鉄博!
大阪交通博物館と合体して展示車がいい感じです。
大宮との違いは、蒸気が動態であることですかね。
あっちとこっちで楽しめますよ。
ちなみに本日は平日でしたので、混雑なく見て回れました。




後は、行ってのお楽しみてことで!
ちなみに、コンビニで前売り券を買った方が、スムーズに入場できるようです。
昨日だと、チケット購入に2時間掛かったらしいです。模型店で聞きました。

2016/05/05 (Thu) 22:27
敦賀〜!

赤煉瓦倉庫の他に何があるのだろう?

駅前通りは、松本零士ロードでした。
にしても、移動手段が無い。
早々に、敦賀から撤退してしまいました。
海が綺麗で釣りしたら沢山釣れそう。
なんだか地元と変わらない感じが!
敦賀の方が景色が綺麗なのにね・・・。

そして、京都に流れて来ました。
ホビセンね〜。
正直、展示場ですね。
assy無いし、京都に出店した意味があるのかな?
で、40年前の103系の修理の持ち込み対応してました。
チラ見したところ2代目動力だろう。
ハッキリ直せないて、言えばいいのに本店に送って対応だって・・・。
直るのかい!
部品規格違うだろう!
もしかして、まだ部品保有してるの?
古い製品を諦めさせて、現行品の素晴らしさをお客様に実感させるのも、大切なことでないのかな・・・。
愛着あるなら、自分でがんばれよ!俺よりかなりのおっさんの修理持ち込み客よ。
で、イオンモールにいけば、これ又何を期待しての買取客が!
私が見た限り、叩き売りになる商品でした。
家には、まだ沢山あるので売りたい。て、言ってたが、大した額にならんでしょうね。
かなり、おっさんだったけど素人さん?
よう分からん。





2016/05/04 (Wed) 17:32
レールニッパー!

篠原レールニッパーを入手しました。
凄い!
綺麗に切れる~!
皆さんの情報どおりでございます。
で、これの正しい使用方法は?
調べても分かりません。
横切り、縦切り?
IMG_3713.jpg

IMG_3714.jpg
自分的には、横切りが刃に負担なく正解と思うのですが・・・。
ネットの写真を見ると、縦切りした方の物と、横切りした方の写真がヒットします。
ちなみに、縦切りすると、切断したレールの両面綺麗に切れているのですが、レール上面が曲がってしまうのでした。
IMG_3712.jpg
ならば横切るすると、当たり前ですが、内刃側は普通のニッパーで切った形状になります。
IMG_3711.jpg
使わない側を利用する際は、又切れば良いということでしょう。
これは、使う側のみの切断面の仕上がりを考慮すれば良いということなので、個人的に横切りが正解と思いました。
で、いいのかな~。
使用レールは、篠原コード100
Nだと縦でも横でも綺麗に切れちゃうかもしれません。

おまけ
ゴールデンウイークですが、やっと明日から連休らしくお出掛けしてきます。
敦賀と京都いくぜー!
相変わらずの鉄ですね・・・。

2016/05/03 (Tue) 22:27
カンタムD61は!

ぐっ!ぐおー!!!
こいつは、かなり辛いナンバー貼り付け作業ですわ!
IMG_3709.jpg
毎度のことですが、説明書の通りにできないカンタム付属品取り付け。
今回は、かなりスペースが厳しい!
説明書の配置と同じにできません。
検査表記がATS表記の後ろに転写することとなるのですが、スペースがありません。
おまけに、大量の表記を貼り付けるため、説明書を見ながらバランスを取っていくのですが・・・
何か全部等間隔に!
これじゃないと全部付かないよ~。泣く
D61は、一番難易度が高い!と言うか、スペースと表記の大きさの都合上無理ですわ。
仕方がないので、検査表記は諦めます。
まあー、実機が説明書の通りと言うことはありませんから、正直、実機の写真を参考にして取り付けるべきでしょうね。
おまけで、もう一機。
机の上に置いてあるのであった。
IMG_3710.jpg

| ホーム |

 ホーム