FC2ブログ

2018/01/31 (Wed) 23:30
トラムウェイC59

トラムC59のパーツ取り付け作業中~。
で!本音言います。
この製品ダメ!
理由は、これ!
説明書
この製品、完成品ですよね。
付属品パーツ取り付け穴は、指定寸法でユーザーが穴開けしなくてはなりません。
ありえねー。
一発勝負のユーザー責任・・・。
発電機マフラー配管ぐらいは、メーカーで付けてこいやー!
増設発電機は、勘弁してやる。
その他、至る所がNG!
前カプラーがダサい。特殊形状で市販のKADEE使えません。カプラーポケットが上部のみの再現です。
ボイラー手すりがヘロヘロしており、汽笛が曲がって接着されています。
とにかく中途半端なつくり。
テンダー本体はダイキャストで床板部がABS。隙間が少しあります。
分解してみると!
トラムC59
結構バラすことができます。
配線に接続が汚いし、キャブライトの配線取り回しが悪く、キャブ取り外しが怖い。
ランボードを左右に開けば外せますが、配管取り付けが接着されているかもしれないので、ここもてを出しません。
テフは、上に引き抜けました。作りが薄く頼りない。破損可能性極大部分です。
汽笛は一度もぎ取り、真鍮線を植え込んで向き調整しました。
今!
トラムC59パーツ取り付け
トラムC59付属品装着
何とかパーツ取り付けできてます。
問題は、ナンバープレート。
前面プレートは細工しないと、煙室扉のRに合いません。

肝心の走りは、静かでスムーズ。
しかし軽い!
トラクションタイヤで牽引力を確保していますが、ゴム交換できるのかしらん?
ロッドピンの固定状況次第です。
と、まあーこんな感じの製品です。
価格と不釣り合いな感じの製品です。
初心者には不向きですね。
スポンサーサイト

2018/01/28 (Sun) 21:51
リビングレイアウト

バスコレレールの敷設が完了しました。
IMG_5157.jpg
IMG_5156.jpg
IMG_5158.jpg
これからの作業は路面工事となりますが、橋の部分は先行して川の処理を行わないと工事ができなさそうです。
やっと針金スパイラルから解放されました。
まだまだ、木工作業が続きそうな予感がします。
アマゾンで買った鋸、かなり重宝しています。
よく切れて大満足。
角利産業クラフト鋸。いいですよ~。


おまけ
IMG_5159.jpg
買いました。C59戦前型!
チョイと中身を見てみましたが!
・・・。
ランボードの白線、何にか間違えてないですか?
てか、ランボードの表現がそもそもおかしいです。
それと、チョイと処理が下手な従台車。
もう少し何とかならんかな?
今日は、箱だけのご披露です。

2018/01/22 (Mon) 21:31
すかくってぶっ壊す・・・。

2週間前にやっちまったい。
IMG_5134.jpg
トミックスDD51ユーロのボンネット割りました。
外す時にズルっとで、グシャ・・・。
手すりも木端微塵です。
ぶっちゃけ、初期ユーロ塗装機なので、お役御免でもよいのですが、客車があるので修理です。
ここまで割れると、流石に割れ目が隠せません。
モールドを潰して再構築するとなると面倒。
カワマタパーツの残骸は大量にあるのですが、やる気になれずそのまま修復。
IMG_5152.jpg

IMG_5155.jpg
ボンネット再塗装と汚いやり口!
ウエザリング~。
もう少し汚せば、うまく隠せるね。
ちなみに潰れた手すりは、新品部品取りにしているDD51北斗星から調達してます。
同種の保有機関車数が多いため、新車部品取りを確保していたり、用もないけどASSY買って置いたりします。
カトーのDD51,DE10だと、手すりパーツは予備があると便利ですよ。

2018/01/22 (Mon) 21:08
リビングレイアウト

一向に進まないリビングレイアウト。
原因は?
川!
IMG_5144.jpg
IMG_5145.jpg
IMG_5146.jpg
思った以上に高さが出ないため、道路橋が組めない。
橋の中央を高くして湾曲した橋にするつもりでしたが、結局、継台(けいだい 合っている?)の作りこみを考えていると、寸法がうまく取れないことが判明・・・。高さを出すためにスロープ部分を設けることにしました。
で!材料を検討したけっか、バルサ材をチョイス。
電動サンダーで車庫は雪まみれになりましたが、どうに形になりました。
ここから針金スパイラルに突入です。
まあー今週末ぐらいには、針金作業が完了すればと、思いますね。
それにして、本当、工作する時間が無い。
マジ、仕事が忙し過ぎる。
これ、
IMG_5149.jpg
作った時は、平日でも工作する時間があったのだが・・・。
殺す気かー!
て、ぐらい忙しい・・・。
ボチボチビニールかぶしておかないと雪(埃)積るなあー。

2018/01/15 (Mon) 23:09
マ!EF80

カトーの量産品が出るまで、マが独占状態だったEF80。
まあー、走るんです仕様で、つなぎ役は十分果たしたでしょう。と、思う。
しかし、まあー見劣りするのね。マの製品。
基本的に、部品流用だから仕方がないのですが、あと少し工夫すれば何とかなるのよね。
で、何を思ったのか分解して調べます。
EF80の場合、短足ぶさいくキャットスタイルなので、車高が高いとイメージが合いません。
台車位置を下げるなんて不可能なので、ボディーを落とし込めばOK。
問題点は、他車整備でここかな?と踏んでいました。
ココが問題!
IMG_5138.jpg
加工後です。EF80の場合、電球と変形基盤でライトプリズムと接触する。
せっかく大穴空いているので、基盤を小型化すれば、車体が下がった分、プリズムの入るスペースがあるのです。
そして!
IMG_5139.jpg
車体が下がると、スカートが邪魔をする。
脆い作りのスカートの上面を慎重に削り、ボディーと接触する部分を下げます。
ボディー固定部
IMG_5140.jpg
プラ棒接着で掛かり位置を下げます。
ガラスパーツがダイキャスト腹に当たるかと思いましたが、ここはクリアランスがあり無加工でOK。
それにしても、バリはあるし、焼き固定でパーツは固定してあるし、接着剤だらけだしと、正直、新品=ジャンクです。
分解できない様なつくりだし、遮光材はテープとフエルトだしと、まあー本当走るんです仕様。
ちなみに、ウォームホルダーはプラスチックでジョイントは、ゴムチューブ。
あっても意味ないフライ付きです。磁石が強くて効果がでないよ。
IMG_5143.jpg
一次と比較するが、確認しにくいです。車体は限界位置まで下げました。
これ以上下げると、ボディーと台車が当たります。
製品のままだと、ダイキャストとスカートの隙間が確認できます。
1次と2次だと若干車輪の大きさが違う様です。

手前カトー、後ろマ!
IMG_5141.jpg
根本的に育ちの違いが出てしまう・・・。
でも、まだ遊べる素材ですから、もう少しかまってあげます。
母線は、汚いので修復作業中です。


2018/01/15 (Mon) 22:11
PC死亡!そしてアホな子誕生・・・。

昨日、愛機のVAIO様が!
Windows10アホアホプログラムに侵されて、自動修復無限ループに陥りました。
待てど暮らせど、Windowsが起動しない・・・。
自動修復に1時間以上掛かることもありますなんて嘘!
10時間放置したが、くるくるが止まらず、起きません。
F8セーブモードで起動をしてみるもダメ。タブレットで調べると、えっSHIFTキーかい!
で、試すも、自動修復機能に移行して、セーブモードに移行しません。
とりあえず、VAIO様の付属物を漁り、あら?このKEYは、こういう時に使うのねと、ASSISTポチ!
セーフモードが起動しました!
あれ!復元ポイント、だいぶ前に設定しただけかも・・・。
自動で何か設定していた様な気もするが、ありませんでした。
結局、リカバリーでCドライブ保存を掛けるが、これも何だか動きがやばい。
諦めてお買い上げ時に復旧~。
自動復旧の前にデーターが多くなったから、USB媒体買いに行こうとして、これかよ!
本当、お買い物に出る前に、ぽちり一発終了ですわ!
は?何が何でもエラー修正をPC自動でやるのかよ!
ご主人様の意に反した事ばかりしてくれて、言うこと聞かないくそ窓10君。
で、判明!
くそ窓10は、年末で無償アップグレード終了!
7は、サポート打ち切りなん?
有料で言うこと聞かない、くそ窓ちゃん何て飼いませんよー。

で、結局何とか弄ってVAIO様一応復旧です。
くそ窓10にアップグレードして、最後はデーター消失とは・・・。
むかつく!
無料ですよ~。アップグレードしてよ~。と、しつこい勧誘のごとく迫られて、面倒だからもういいや!で、アップグレード。
その結果10にしてからエラー頻発するは、意に反して勝手に動くは、なんじゃかんじゃ使いにくかっただけでしたね。
なんかPC業界て・・・。よくわからんよ。
で、今はダイナブック様が久々に本務機。
でも、こいつもくそ窓10だったりして・・・。
復元ポイント忘れずにと、データーバックアップは必ず取りましょう。
後、SHIFTでセーフモード!


2018/01/04 (Thu) 23:49
このエンジンは当たりだぜ~

赤い豚さんですな。
本題はこの子です。
EF13開封時
お安く新品を買いましたけど、何かおかしいEF13・・・。
微妙に右側に傾いています。
台車の集電部分がズレてしまうことが良くあるので確認します。
IMG_5128.jpg
写真ではわかりませんが、集電板から台車の集電部分が外れています。
サスの効きが悪い場合は、集電板から外れているので確認してみてください。
直し方は、台車を外して嵌めるだけです。
ついでにボディーを外して確認します。
そのまま、組むとボディーが綺麗に嵌まりません。
片側のライトプリズムが動いてしまいます。
何かおかしいです。
最初からしっかり組まれていない様な気がし、一度運転席を外して組み直したところ綺麗にボディーが収まりました。
EF13改修後
これで傾きが無くなりました。
姿勢が良くなり、違和感が消えましたが、片方向のみ走行音が大きい。
モーターの具合だと思います。ただ、異常なくらい速いし、スムーズ。
EF16と比べると、走行性はかなり良い状態です。
音が大きいけど走りは抜群!
このエンジンは当たりだぜい!
実は、その反対かもしれませんけどね・・・。

2018/01/01 (Mon) 00:01
2018

C57-1

おまけ
今年は、結構さぶくありませんか?

エクセルお絵描き


| ホーム |

 ホーム