2016/05/24 (Tue) 21:51
kadee装着

最近、ユニトラックアンカーレールが発売されました。
以前は、kadeeの磁石を線路に仕込んでおりましたが、これからは買うだけで済みます。
ここで問題なのは、カトーの車両にkedeeカプラーを装着することです。
メーカーでもkedeeの販売をしていますが、正直、適合車種が分かりません!
カトーでは、kadee№148、158、5が日本型として販売しているようです。
簡単に適合する物を考えると、№5はカトカプ用で客車と貨車でしょうね。
№148と158の規格が同じで、復元バネがカプラー側に付いている物用です。
機関車とコキが適合するでしょう。
148と158の違いは、連結器部分の造形が違うだけ。多分・・・。
で、簡単に装着できるのかと言えば!無理~。
ポケットタイプへ№5を付けた場合、カプラー支持軸とカプラー穴の径が合いません。
軸径2mmに軸穴3mm・・・。
支持軸に内径2mmのプラ棒を入れて外径3mmにしてカプラーを装着しますが、カプラー差し込み部分の肉厚が薄いので上下に遊びがあり、下方へ垂れ下がります。仕方がないので、外径5mm内径3mmのプラ棒を加工して、スペーサーを作り、カプラー下に入れて調整です。
結果、何とか装着可能。
復元バネは、カトカプの三角バネをそのまま使用します。
まあー、何とか装着できるのですが、磁石に引き寄せられた時に、カプラーがお辞儀をしてしまいます。
もう少し改良しなくてはなりませぬ。
IMG_3887.jpg
ごめんよー。て、感じですね。

その他、トラムのC12とDD13にも装着してみました。
トラムは、kedeeの指定がありますので、最近の製品はそのまま装着可能みたいです。
C12は、№148をポン付けできました。
IMG_3877.jpg

DD13は、少し悩ましいこととなります。
DD13の場合、№5が指定されていますが、復元バネはカプラーに同封の物を使うこととなります。
№148でいいでないの?と、思いますが、ポケットが大きいので復元バネが効きません。
結局指定の№5を使うこととなります。
ここで問題なのはバネ側の穴が小さいので、少し開口しないとポケットに嵌まりません。
カプラーをそのまま付けた場合、ネジで締めた際にかなり緩くしておかないと、首振りしません。
ここは、カプラーの底面又は上面を削り、薄く仕上げて装着です。
IMG_3882.jpg
何とか装着できました。
ちなみに悩ましいエアータンクですが、2ピース構造なので表側パーツのみ装着~。
裏側はありません。
これならカーブを楽々走行できますよ。
トラムのDD13所有者さんなら伝わると思います。
ここは、16番ですから仕方がないので、割り切りは大事だと思います。

スポンサーサイト

<< EP550ターンアウト待避線 | ホーム | エクセルお絵描き画集 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム