2017/01/28 (Sat) 15:09
巨大プラモ

昔から艦船プラモデルが好きで作っては走らせて、最後は轟沈させてきました。
もう30年前頃の話ですが、堂友社の大和をタムテックユニットを使用してRC化したことがあります。
もちろん最後は爆沈・・・。
少し遅れて竣工した信濃は、従弟に売却しました。
未だに現存しているのかは不明です。
そんなこんなの堂友社大和を入手いたしました。
しかも、昔私が買った当時物で価格が6000円の品物。
箱の絵は、恰好がいけていない大和の絵です。
今回の買値は9000円でしたが、絶版状態ですし価格改定後の定価と同じ位です。
ちなみに、信濃の当時価格は8000円で、再版品はなぜか2倍の16000円。
信濃のブリッジが恰好が悪く、何かアダムスキー型UFOに思えてしまい、プラ板付けて恰好良くした覚えがあります。
で、久しぶりのご対面!!
ランナーからパーツが外れていましたが、欠品なく一安心。
感じんな船体は、当時と同じく内側に変形しており、甲板を嵌めるのに苦労します。
まあー、当時もそうでした。
1号艦大和は、そのまま甲板嵌めてRCとして遊びましたが、2番艦信濃を組む前に一つだけやったことが、これ。
IMG_4268.jpg
船体の反り戻し。
お湯を入れて側面の反りを戻して、甲板を嵌めやすくしたのでした。
この工程のおかげなのか、信濃は完成後何ら問題なく姿を残しておりました。
対する大和は、船体中央からプラが縦割れを起こしていったのでした。
これが廃棄の原因となり、中坊の私は友達と海で大和を爆破、轟沈させたのでした。
確か爆竹爆破後、中々沈まず最後は投石轟沈だったような・・・。
今のご時世、こんな遊びしてると、何か言われちゃいますね。
まあー、昔の話ですからもう時効!
しかも、大和沈没現場は、今ではマンションが建っていたりします。
昔話はこれぐらいにして、肝心なキットは大きいです。
1m級の船体ですから、海でも十分走れます。
IMG_4265.jpg
大きい!ニチモの大和を昔買おうと思ったが、1/250サイズ+価格もお手頃です。
このキットは、サーチライトが組み込め、21号レーダーが付随のギアBOXを組み立てれば、回転するギミック付き。
主砲が回転すれば面白かったのですけどね。
ニチモの自衛艦プラモは、あまつかぜは主砲が回転するギミック装備でした。
その他、各部のディテールはモールドで意外と精密に再現されており、パーツ点数が少ないので、簡単に組み立てられます。
ただ、少し恰好が悪いです。アリイの大和の完成品と比べると、アリイの方が好い感じ。
余裕があれば、アリイのキットに堂友社の動力を組んでRCとしたいところです。
昔は、アリイの1/250大和もモーターライズだったと思います。近年、金属加工業者の廃業で付属のギアBOXが作れない、ユーザーが動かして遊ぶより精密性を重視したことで、モーターライズキットが無くなってしまったのでしょう。子供がプラモ離れしてしまい、モーターライズの需要が無いのも原因ですね。
そんなこんなの大大和!
一旦箱にお戻りいただいて、15年物の武蔵組んでます!
IMG_4269.jpg




スポンサーサイト

<< ラジコン船 | ホーム | 武蔵は、どこだ? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム