2017/01/29 (Sun) 21:24
ラジコン船

15年前の作りかけRC武蔵。
主舵の工作は完了していたので、ラジコンユニットを積むだけです。
取りあえず、タムテックユニットに通電したら、何とか生きていたので搭載してみました。
IMG_4270.jpg
モーターは、これもタムテック用ですが、1/24用ではなく多分F1用の物。
テッサロッサ懐かしいなあ~。
で、この状態では浮力がありすぎるので、500gの鉛のインゴットを電池搭載部の前部分に積んであります。
風呂場でユニットレイアウトを調整してこのような状態。
艦首の方が浮力が強いので、ウエイトは艦首寄り。
防水対策は、電池部分を嵩上げしただけです。
まあー、こんなもんでも大丈夫でしょう。
昔からの経験なのですがね・・・。
そして、横の巨大ネジは?
IMG_4271.jpg
ホームセンターにウエイトを買いに行って、丁度使える物を発見。
これは、堂友社の大和に組みます。
ネジ式なので芯のネジを回せば、前後にウエイトが移動できそうと言う企みと、増量が簡単に行えるし、しかも安い。
全ネジが180円でナットが145円。
増量したければナットを買えばOK。
堂友社の大和の場合、500g鉛インゴット1個でも良い感じの浮力だった記憶がありますが、今回は可変式ウエイトを搭載します。
感じんの武蔵の全景
IMG_4273.jpg
まだ、機銃等細かい部品はついていませんが、流石タミヤ!
適当に組んでありますが、良い感じです。
あれ?と思う人は、艦船通。
パーツの取り付け15年前に間違えました。
ラジコン船のディテールは、大まかで結構。
細かいと扱いにくいので面倒です。
後は細かいパーツを付ければ完成ですが、副舵を省略しており回頭半径が大きい感じでしたので、追加工作で副舵を装備したいところです。
ちなみに主舵のロッドですが、ヘリ用のパーツです。
サーボホーンの取り付け部品が片側についているので、簡単に流用できます。
長さが合う位置にサーボを付けるか、曲げを作って長さを調整します。
今回は、曲げを4カ所にして長さを調整。
2カ所の曲げを変えれば、長くできるので、90度曲げで作り若干短いくらいがベスト。
サーボを搭載して、サーボの調整範囲が気にいらなければロッドを長くする。
ホーン部分は、最初から微調整できるように作られているので、ここの部分でも伸縮できます。
ヘリパーツ意外と使えます。中坊から舵ロッドはヘリパーツを使っていたりします。
1/350を海で走らせるのは、少しきつそうなのが難点。
PT15はガンガン走りましたが、1/350だと喫水が浅すぎてう、ねりをクリアーできない感じ・・・。
スポンサーサイト

<< 戦艦 武蔵 | ホーム | 巨大プラモ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム