2017/02/25 (Sat) 19:59
ターンテーブル不良

以前からSWが不調気味で、ターンテーブルが回転しないことが良くありました。
回転ボタンの押す位置をずらして押したりすれば動き出すような状態でしたが、遂に右回転が出来なくなってしましました。
こんな事態になると、機関区がただのオブジェになってしまうので、スペア―ターンテーブルを確保してあったりします。
コントローラーを入れ替えれば終わりなのですが、不良のSW、何か在庫で持っていた記憶があり、パーツ箱を漁ると出てきた!
チョイとボタン部分が短いが同型なので付け替えと、スイッチボタンにスペーサーを作り装着。難なく修理完了です。
基板部分
IMG_4372.jpg
裏の滑り止めを外すとネジ穴が4カ所現れますので、容易に分解可能です。

問題の回転SW
IMG_4371.jpg
ストロークが長いので、経年劣化で動作不安定になるようです。
又、動かねー!と、強い力で押し続けると!
IMG_4376.jpg
SW内部の導通を兼ねたバネ板(丸い銅板)が戻らなくなり、ボタンを押してもペコペコ戻らなくなります。
今回は、たまたま同型のSWを持っており、ボタン部分が5mm程短いタイプでしたので、本体側のSWボタンにスペーサーを自作して対応しました。まったく同じ部品があれば、交換するだけで済みますので、LEDを買う序にSWも買っておくのがよさそうです。

IMG_4373.jpg
ボタンの押し心地が良くなりました。
SWのストロークが短いためだと思います。
それと、本体カバーのボタン穴裏側を綺麗に処理したため、ボタンの引っかかりが消えました。
IMG_4375.jpg
良い感じで回転します。
スポンサーサイト

<< レイアウトで遊ぶ | ホーム | ニチモ30cm信濃2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム