2017/03/05 (Sun) 23:49
北海道新幹線で北海道へ!のまとめ

北海道から無事に帰ってきました。
惜しくも、廃止されてしまった北海道への寝台車。
その代替の新幹線を使ってみましたが、率直な感想は!
行き返り共に飛行機がベストです。
道内の新幹線整備が札幌まで開通するまで、かなり不便でしょう。
正直、移動に時間が掛かり過ぎでした。
東京を始発に考えますと、まず新函館北斗まで新幹線で4時間かかります。
そこが目的地であるならばOKなのですが、函館がメインなので函館ライナーで約20分で函館に!
函館駅の感想はと言うと、電車と気動車のみの旅客専用駅と言った感じです。
五稜郭には、EH800やDF200が群れておりますが、青函トンネルを超える在来路線の旅客車両が無くなって、以前とは少し寂しい感じとなっていました。
函館を楽しんで帰るには、又同じコースをたどることとなります。しかし、旅行となれば、そこから札幌や小樽に向かうのがせオリー。ここで移動手段となるのが在来線。
10時発の北斗で札幌を目指すと、札幌に到着するのが13時半。そこから小樽へ行くと+40分・・・。
結局、2日目は半日丸つぶれなのでした。
で、小樽着後にまずすることは、観光となるのですが、何故か軒並み店舗の閉店が17:00~18:00!
5月でも18:00閉店だった筈です。
鉄分補給地はと言うと、冬季は閉館なのでいけません。営業期間中であれば、速攻で行くか、翌日出向くしかありませんね。
しかし、ここは小樽!
海産物を食したいので、まずは食事をしましょう。
観光していると、お食事処が早く閉まってしまいます。
兎に角、移動に時間を費やすので、函館の次は札幌がベストでしょう。
ただし、小樽を最終日にした場合、地方空港へ向かう便の出発時間との兼ね合いで、最終日は早々に宿を出て、新千歳に向かうことになります。
そんな感じで小樽を満喫し、翌日はのんびり宿を出て、札幌に向かいます。
快速エアポートを使わなくてもOK。
札幌はJR札幌タワーホテルを利用しました。毎回ここを使います。1Fのパンがうまいのですが、今回は一時販売中止で買えませんでした。ミルクフランス最高なのに・・・。
そんなこんなで札幌が最終目的地で、最終日は帰るだけ!
8:50分発の快速エアポートで新千歳に向かい、飛行機に飛び乗り着静岡。
家には14:00頃に到着です。
何か以前と比べると、かなり時間を浪費して、鉄分が無い内容となりました。
+函館に行けたのはよかったのですがね。
疲れたよ~。
3泊4日の旅行でしたけど、3泊2日の内容です。
北斗星やカシオペアを利用した場合でしたら、19時上野発で翌9:30頃札幌到着。昼前に小樽に着けて観光できます。
翌日は札幌を満喫し、1泊して16:00まで余裕で遊べますね。札幌2泊で日帰りで釧路まで行けばSL乗れます。往復8時間かかりますが・・・で、湿原号は今も運行中なのかな?
帰りは飛行機もOKですし、寝台列車ならば、翌日の9:00頃には上野に着くわけです。
今のところ、新幹線で北海道旅行をするのは、少しお勧めできません。
函館+温泉地巡りならベスト。ワープで札幌は少し厳しいのが現状ですわ。
早く、札幌まで新幹線が整備されれば、かなり楽になりますので、今しばらく不便な状況です。
ちなみに、函館~札幌、札幌~釧路等の4時間以上の特急乗車は、グリーン車をお勧めします。
最後に!
写真は、今回はありません。
特に珍しい車両もいませんでした。
それでも、少し寂しいので!
20160222133652624.jpg
※昨年の写真
今回は、1535と翌日1524を見ました。苗穂から来ているようで、苗穂の留置線に2両いましたので、3両稼働しているようです。
冬季は毎日、小樽築港の待避線にいるようです。
到着時刻か帰区時刻が分かれば、良い写真が撮れそうです。




スポンサーサイト

<< PSだけかよ! | ホーム | 函館 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム