2017/07/23 (Sun) 20:48
レールコードの違い

中古でエンドウニューレールシステムを入手しました。
カーブレールだけでしたので、直線を追加購入してエンドレスを組んでみました。
走行する車両を眺めていると、あることに気が付きました。
線路幅が狭く見える!
何時もはユニトラックなので、広軌の在来線感がバリバリ感じられていたのですが、エンドウだと感じない。
これがコード100の魅力なのか?それとも枕木表現と同床幅で狭く見せているのか?正しくエンドウマジック!
エンドウとカトー
エンドウトカトー 2
エンドウはレールコード100。カトーはレールコード83。
側面で見比べると高さが違いますし、断面も違います。
走行音は、エンドウだと車輪がレールの上を滑る音が大きいです。※シャーシャー音
ジョイント部分の接続、同床の固さは、エンドウの方が良好で、畳での段差も気にせず使えます。
同床の固さがあるので、お座敷運転はエンドウの方が良い。ジョイントでの脱線のトラブルはありません。
見た目と機能は、エンドウニューレールシステムの方が上でしょう。
ただ、価格と流通量は、カトーの方が断然上!

レール単体で比べると、
IMG_4790.jpg
エンドウは、レールコードを生かして同床幅、枕木間隔、幅を工夫し、狭軌にみせる工夫がなされている様に感じます。
海外車両1/87 HOも展開するカトーは、共通性を持たせた作りと見た目で製品化しているのでしょうか?少しHO寄りに表現したレールの作りに感じます。対してエンドウのレールは、日本車メインの流石16番ブラスメーカーだな。と感心させられるレールの作りです。1/80 16.5mm 16番がメインのメーカーですから、レールも工夫しているのでしょうね。
エンドウニューレールシステム、かなり個人的に高評価です。
もしかして!1/80の日本車を16番と言わず、HOで売っている理由がこれなのか!?
なーんちって・・・。


スポンサーサイト

<< プレステージ・・・ | ホーム | 40系電車 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム