FC2ブログ

2017/10/15 (Sun) 08:53
バスコレを調べてみる。

リビングレイアウトにアイテム追加を目論んでおります。
IMG_4915.jpg
バスコレ採用ですが・・・。
市販品の道路を買うと出費がね。
自作の方が都合がいいので、ネットで少し調べてみて、資材を購入してみました。
さてさて、バスコレの動力はと言いますと。
前輪に設置されている磁石が道路背面の鉄線に吸い寄せられて、道路をなぞりながら走ります。
磁石の動きでステアリングが切れる。
これは、スロットカーのブラシ部分が磁石になっただけで、ステアリング機能を自作すれば、動力も自作可能でしょう。
4軸低床も作れそうな感じです。
では、道路の方は?
IMG_4916.jpg
本家は、1mmのプラスチックの下に鉄線があるだけの様です。※ネット調べで実際道路は買っていません。
ならば、プラ板に針金をセロハンテープで留めて実験します。
カーブは適当に限界半径を作ってみたり試します。
ここで問題発生。
バスコレの動力は4タイプ程ですが、その中でBM-03は曲者では?と思われます。
最少ホイールベース38mmBM-02Rは35mm。
この3mmが曲者か、もしくは製品に何らかの問題がある物を掴んだのか?と、いったところです。
理由は、カーブ最小半径に違いがあること。
製品の道路R66だとBM-03は曲がり切れないのでは?
磁石が鉄線を外れて暴走してしまいます。
単純にデフ機能が無いのと、ホイールベースが長いので、後輪に押されて磁石が鉄線から外れてしまいます。
曲がる力に対し、押す力が強いのでしょう。
製品不良と思われる部分はと言うと、ステアリング機能が何故か右側に行きたがる。
左カーブはうまく曲がれないし、カーブ出口で舵角変わらず、そのままカーブしたままになります。
これは、ボディーを外しても同じです。ボディーのホイールアーチ内側はもちろん限界まで削りました。
序に細工もしてみました。
何かホイールベース調整機能部分の床板が反っている様にも見え、素材の癖による傾き、車軸の打ち込みでのタイヤの回転差異等が原因ではないかな?とも思いますね。
BM-02Rは快適に走りますよ。
ストップ機能について
IMG_4918.jpg
道路背面に磁石を設置します。
鉄線から6mm位置だそうです。※ネット調べ・・・。
N、S極の磁石を設置します。
N極は前輪よりで長いタイプ磁石。感知すると、後方の赤LEDが点灯します。
S極は後輪前辺りに設置します。感知するとオレンジLEDが点灯します。
これだけでも自動停車、発車は可能でしたが、カーブから車体が出て、完全に直線走行状態にならないと、車体の磁石が道路側の磁石に吸い寄せられて、車は完全に身動きが取れない状態に陥ります。
昔のカトー583が、鉄橋を通る際のお約束と同じです。
鉄橋の前後に直線を入れてからカーブのあれです。

これで何となく走行原理は知らべることができました。
後は道路の自作ですが、ウッドランドの道路製作キットを使おうと思います。
ここは、試作しないと何とも言えません。
あれ?
もしかして自作するよりも、道路買った方が安いかもしれない。
少し試算してみる必要もありそうだね。
スポンサーサイト

<< バスコレ道路試作 | ホーム | ニレチ先輩と私 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム