FC2ブログ

2018/03/17 (Sat) 10:33
22年

ゴソゴソ。
ゴソゴソ・・・。
棚のNゲージを整理して、動かさない車両のローテーションです。
IMG_5286.jpg
約22年前、会社の帰りに購入したレシートです。
セットの中にしっかり保管しておりました。
ジャン!
IMG_5288.jpg
多分最終ロットではないでしょうか?
当時、単品でもう1機購入しています。
で!
IMG_5278.jpg
化けました。
デフは交換ですが、製品デフを極限まで薄く削り、張り合わせています。
過去に1度補修した程度で今に至る。
肝心なセットのC62
IMG_5280.jpg
ノーマルです。
この頃の製品は、先台車、動輪、従台車からの集電でテンダーからは集電していません。
なので、先台車の車輪を交換すると集電効率が下がります。
ノーマル車輪の塗装がベスト。
そして最後は!
IMG_5285.jpg
初期ロットの加工途中品。
元々、ノーマルの状態で譲っていただきました。
初期ロットは、№がシールで駆動ギアが3動輪全てにありますので、下から見れば直ぐ分かる。
選択式№で駆動ギアが3個ついていたら偽物。ケースが発泡スチロールで、旧インサート、シール№、3軸ギアが初期ロットとなります。まあー、今更入手したい方もいないでしょうが・・・。
そして、この初期型のテンダー台車は鋳物に交換しています。
素性不明ですが、関水金属時代のスペシャリティーパーツなのでしょうね。元々、鋳物パーツ屋さんでしたからね。
私が知る限りでは、台車と煙室扉の鋳物交換パーツだけです。
確かC57の煙室扉だったと思います。
今、旧製品を見ると大きさに目を奪われてしまいますが、存在感はバッチリです。
ディテールもそんなに悪くはありません。当時の技術では、モーターの小型化が出来ずに、モーターに合わせた作り。だから大きくなっているのです。もし、客車も機関車スケールであれば面白かったのでは?と、思いますね。
ファインスケールと最近はよく言いますが、何がファインじゃと思います。
新幹線だけが正解でしょう。
ちなみに、日本の量産鉄道模型でHOは、新幹線だけと思う派なのです。
1:87がHO。1:80が16番。
両方所有している方なら分かってくれることでしょうね。
16.5mmでDR45とC62が同じなんてありえね~。

スポンサーサイト

<< リビングレイアウト | ホーム | 10系安芸 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム